KEIKYUアクセラレータープログラム(京急電鉄)

近年、第4次産業革命によるテクノロジーの進化、急速なデジタル化により、人々のライフスタイルはより多様化・複雑化しています。一方で、日本の社会構造は、人口減少や高齢化によって揺らぎつつあり、地域密着型で生活・サービス関連事業を展開している鉄道会社のビジネスモデルは分岐点に立っています。
こうした背景から、ベンチャー・スタートアップ企業とともに、既存のビジネスモデルをアップデートし、沿線を中心とする都市生活に新しい顧客体験を生み出すことを目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」を2017年より開始しています。

京急電鉄では,『モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出』を新規事業創出のビジョンに掲げ、本プログラムにおいては「Mobility(移動)」「Living・Working(くらし・働き方)」「Retail(買い物)」「Entertainment(観光・レジャー)」「Connectivity(テクノロジーの活用)」の各テーマごとに、ベンチャー・スタートアップ企業と新たな顧客体験を生み出すことを目指します。

第二回の当プログラムのビジョンは、「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出 〜テクノロジーとリアルの融合による地域連携型MaaSの実現〜」

募集テーマ

「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」第2期 開催概要

1. 5つの募集テーマと具体例

【1】Mobility(移動)/駅を起点とする移動体験の向上
・鉄道を起点とした「モビリティ連携」によりシームレスな移動
・「車内」「駅」「バス停」のUX・UI向上

【2】Living・Working(くらし・働き方)/「暮らす」「働く」を豊かにする“まち”の創出
・ベッドタウンからコンパクトシティへの転換
・住まいやオフィスの新しい利用体験

【3】Retail(買い物)/地域と繋がり、人に寄り添う買い物体験の提供
・地域へ広がる駅チカ・駅ナカ店舗の新たな用途創出
・店内サービスやオペレーションの改善

【4】Entertainment(観光・レジャー)/訪れる人の非日常を彩る体験価値の創出
・三浦半島でしかない観光体験の発見
・宿泊施設における新たな価値提供

【5】Connectivity(テクノロジーの活用)/各テーマおよび地域をつなげるテクノロジーの活用・新サービスの創出

エントリー応募条件

  • 「京急電鉄の課題認識」及び「プログラムのコンセプト」に共感していただけること。
  • 既に法人登記がなされていること
  • プロダクト・サービスのリリースが完了またはプログラム期間中に完了見込みであること
  • 資金調達状況、本社所在地等は問いません

その他の条件

  • 1社で応募出来るプランは1つに限りません
  • 期間中の全日程参加可能であること
  • プレゼンテーションや提出資料は日本語の使用を推奨します
  • プラン内容または事業内容が公序良俗に反していないこと

プログラム体制

  • 京急グループの事業基盤を活用したテストマーケティング(実証実験)の実施
  • 京急グループ各部門との連携による事業化検討
  • メンターによるメンタリングの実施
  • 沿線自治体(横浜市、横須賀市、三浦市)との連携
  • その他メンター

スケジュール

  • 2018年11月21日: サイト公開・募集開始
  • 2018年12月10日: 事前説明会
  • 2019年 1月18日 : 募集締め切り
  • 2019年 3月18日 : 事業審査会
  • 2019年4月〜7月 : 事業共創期間
  • 2019年8月     : 成果発表会(デモデイ

公式サイトはこちら

http://openinnovation.keikyu.co.jp/

 

 


第1回目の採択企業紹介(過去の内容です)

優秀賞

京急電鉄の全面的な支援のもと、出資も含めた事業創造・協業を目指す。

  • OpenSky
    事業プラン名「日本の空を革新する新航空ネットワーク」
    提案内容:航空機シェアリングビジネスの事業性、展開の共同検討
  • 株式会社エンジョイワークス
    http://enjoystyles.jp/
    事業プラン名「空き家・遊休不動産再生まちづくり“参加型”クラウドファンディング」
    提案内容:三浦半島地区における空き家等を、クラウドファンディングを利用して再生
    本サイト:https://enjoyworks.jp/
  • 株式会社チャプターエイト( Chapter8, Inc.)
    http://www.chapter8.jp/
    事業プラン名「ABCチェックインを利用した無人ホテル運営で街を活性化」
    提案内容:無人チェックイン端末を利用した、当社施設における民泊やホステルのチェックイン代行の実証実験
  • 株式会社FREA(FREA Co., Ltd)
    https://tokyo-apartments.jp/jp/service/
    事業プラン名「外国人起業家支援事業」
    提案内容:外国人起業家向けのコワーキングスペースの設置やバックアップ事業の検討、実証実験
  • 株式会社Root
    https://ic-root.com/
    事業プラン名「スマホから「畑を、あそぼう」
    提案内容:三浦半島の農地を活用した、遠隔農業体験サービスの事業性、展開の検討

アライアンス賞

事業ステージを鑑み、出資は原則行わず、事業創造・協業を目指す。

  • 株式会社ヤマップ(YAMAP INC.)
    https://corporate.yamap.co.jp/
    事業プラン名「三浦半島から変革する、日本の自然観光と地方創生」
    提案内容:アウトドアアプリ「YAMAP」を活用した、三浦半島への誘客、三浦アルプスのプロモーション活動
  • 日本美食株式会社
    https://www.japanfoodie.jp/
    事業プラン名「インバウンド向けスマホ決済からプロモーションサービス」
    提案内容:当社施設へのキャッシュレス決済システムの試験導入、中国人向けメディアを活用した誘客の実施

第1回目の公式サイト:http://keikyu.01booster.com/

第一回の募集内容(過去の内容です)

「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、京急沿線の暮らしと、その先にある未来を豊かにするための革新的な世界を創造する起業家・事業家を募集するアクセラレータープログラムです。

日本の玄関口である羽田空港国際線ターミナル駅を沿線に持つ京急電鉄の強みを活かし、国内のベンチャー企業を海外に、海外のベンチャー企業を国内に展開するためのサポートも行っていくようです。

募集テーマ

京急グループのリソース、ネットワークの活用だけではなく幅広くモビリティ、都市開発、ライフスタイルサービス、インバウンドツーリズム、次世代テクノロジーはもとより、その他の領域アイデアも募集している。対象とする市場は国内に限らず、グローバル展開を想定するビジネスも可能。

エントリー応募条件

法人もしくはチームの代表者が同事業にフルコミットしている、もしくはアクセラレータープログラム参加までに見込みがあることを推奨されています。

  • 応募時点で法人設立していなくても、個人事業でもOK。(ただし、出資を希望する場合、プログラム期間中の株式会社の設立を前提。)
  • 個人、法人いずれでも応募可ですが複数人のチームを歓迎。
  • 年齢・国籍不問。
  • 未成年の場合は保護者から事前の承諾を得た上で応募の必要あり。
  • 他社から出資を受けている、他社主催の同様のプログラムに参加している場合も応募可能。ただし、その出資会社や主催会社の承諾を得ることが条件です。

その他の条件

  • 2次選考を通過した場合、最終選抜事業審査会でピッチ(4分15秒予定)をすること。その結果、最終的に選抜されたチームには、本アクセラレータープログラムに参加することが条件です。
  • 最終選抜されたチームが法人の場合、出資の話し合いを積極的に受けること。
  • 最終選抜されたチームが法人の場合、本アクセラレータープログラム参加時点で債務超過ではないことが条件です。
  • ビジネスプランは1チーム複数プランの申請を可。その場合プラン毎に申請書を作成し、1件ずつエントリーする。

審査基準

  • チームの本気度、覚悟、能力、バックグラウンド、チームワーク、リソース調達力。
  • 対象とする市場の魅力、成長性。
  • ビジネスプランの新規性、収益性。

上記を中心に、社内および社外の審査員により総合的に判断されます。

提供リソース

  • メンターネットワーク
    京急電鉄、01Boosterのメンターネットワークを利用することができます。
  • 信用力の向上
    大手企業からの支援を受けている事で信用力を向上することができます。
  • 出資
    アクセラレータープログラム参加企業にはエクイティによる出資を検討します。
    出資は必ずしも約束できるものではありません
  • 人材支援
    事業計画にそって具体的な業務を支援します。
  • 事業連携、事業提携
    具体的な事業の連携を実現し、企業成長をサポートします。
  • 海外展開支援
    アクセラレータープログラム参加企業の海外展開を支援します。
  • オフィス利用
    アクセラレータープログラム期間中は01Boosterの施設を使用する事が可能です。

採択企業には賞金10万円。
※賞金はアクセラレータープログラムに参加することが条件です。