個人農家向け栽培管理アプリ「AGRIHUB(アグリハブ)」が、JA向け農薬適正使用管理システム「AGRIHUBクラウド」の全国販売を開始

ニュース
個人農家向け栽培管理アプリ「AGRIHUB(アグリハブ)」が、JA向け農薬適正使用管理システム「AGRIHUBクラウド」の全国販売を開始

農薬帳票の提出をIT化し、農薬検閲業務時間を9割削減。農業DXの実現へ

個人農家向け栽培管理アプリの開発を行う株式会社Agrihub(アグリハブ)(本社:東京都調布市、代表取締役:伊藤彰一)が、農業協同組合(以下、JA)等の農産物販売事業者向けの農薬適正使用管理に特化した業務管理システム「AGRIHUBクラウド」(以下、アグリハブクラウド)をリリースすることに至りましたのでお知らせいたします。既に多くのJAから反響をいただいており、複数のJAと来年度導入に向け契約を進めています。

ニュースの詳細はこちら

プロフィール

Accelerator Program
Accelerator ProgramAccelerator-Program.net 事務局
起業を目指す方のために、ビジネスプランコンテスト等スタートアップ・ベンチャー企業向けのオープン・イノベーション関連イベントを紹介しています。
掲載情報は随時募集しています。